2014年問題とは
2014年4月にWindowsXP、Office2003がサポート終了となります。
要するに"今後どんな問題がおきても助けないから"という事です。

ネットの世界では、次から次へと新しい技術や脅威が生まれています。
そんなときサポートが切れていたら、困っても誰も助けてはくれません。

新しい技術に対応するために、悪意ある第三者から身を守る為にも
2014年問題への対策は必要不可欠となります。

用語 解説
OS(オペレーションシステム) WindowsやMacなど、パソコンを動かす根本的なシステムの事
セキュリティホール 欠陥やバグ。インターネットの発展により、この脆弱性を利用した
ウイルスや犯罪などが増えました。
32bit版 個人向けパソコンの主流。ソフトウェアなどは32bitが基本なので
どのソフトウェアにも対応できるのが強み。弱点は32bit版だとメモリの
上限が低いので、高性能パソコンなどの性能が発揮しきれない事。
64bit版 法人向けパソコン用の規格。パソコンの高性能化により個人向けパソコン
にも多く使われるようになりました。最大の利点はメモリ上限の高さ
高性能パソコンのスペックを最大限に引き出せる事にあります。
弱点は32bit用ソフトに対応できない事。
コンピューターウイルス コンピューターに被害をもたらす不正プログラムの事。
アップグレード版(OS) XPやVistaからWindows7へ。という具合にOSを
移行できるパッケージの事。もちろん元になるOSがないとできません。
通常版or正規版(OS) まったくOSを入れていないパソコンに入れる時や
古すぎてアップグレードできない場合などに必要となります。
完全新規インストールとでも思ってください。ちなみに1台までです。
同じシリアルの物が同時に2台にならなければ、入れ替えも自由です。
プリインストール版(OS) 最初から入っているOSの事
商品と関連付けられていて、他のパソコンにいれたりなどができない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。