2014年問題とは
2014年4月にWindowsXP、Office2003がサポート終了となります。
要するに"今後どんな問題がおきても助けないから"という事です。

ネットの世界では、次から次へと新しい技術や脅威が生まれています。
そんなときサポートが切れていたら、困っても誰も助けてはくれません。

新しい技術に対応するために、悪意ある第三者から身を守る為にも
2014年問題への対策は必要不可欠となります。

用語 解説
OS(オペレーションシステム) WindowsやMacなど、パソコンを動かす根本的なシステムの事
セキュリティホール 欠陥やバグ。インターネットの発展により、この脆弱性を利用した
ウイルスや犯罪などが増えました。
32bit版 個人向けパソコンの主流。ソフトウェアなどは32bitが基本なので
どのソフトウェアにも対応できるのが強み。弱点は32bit版だとメモリの
上限が低いので、高性能パソコンなどの性能が発揮しきれない事。
64bit版 法人向けパソコン用の規格。パソコンの高性能化により個人向けパソコン
にも多く使われるようになりました。最大の利点はメモリ上限の高さ
高性能パソコンのスペックを最大限に引き出せる事にあります。
弱点は32bit用ソフトに対応できない事。
コンピューターウイルス コンピューターに被害をもたらす不正プログラムの事。
アップグレード版(OS) XPやVistaからWindows7へ。という具合にOSを
移行できるパッケージの事。もちろん元になるOSがないとできません。
通常版or正規版(OS) まったくOSを入れていないパソコンに入れる時や
古すぎてアップグレードできない場合などに必要となります。
完全新規インストールとでも思ってください。ちなみに1台までです。
同じシリアルの物が同時に2台にならなければ、入れ替えも自由です。
プリインストール版(OS) 最初から入っているOSの事
商品と関連付けられていて、他のパソコンにいれたりなどができない。

2013年04月16日

Windows8へのアップグレード紹介

前置き。
WindowsXPのサポートが終了し、今後新たな脅威が生まれても
セキュリティホールなどがそのままになってしまうのが問題なので
根本的な問題解決としては、OSの入れ替えが一番となります。

前置き終了。
前回のWindows7と比べて短いって?
そりゃあんまオススメする気がないからですよ。
当然ながら7より8のがサポート期間が長いので
7でなく8を選ぶというのも選択肢の一つだとは思います。

が、どうにも地雷臭が半端なく感じられます。
悪いOSではないと思いますが、時代に合っていない。
そんな感じです、WindowsVistaに近いですね。
Vistaも悪いOSではなかったんです、でもね
当時のパソコンに対しての要求スペックが高すぎたんです。

それと同じで、Windows8もハード面が
ついていけてない現実。タッチパネルとかパソコンで?
そんなタッチパネル式のモニタって流通してたっけ?ですよ

一見悪いように見えるOSですが、利点もあります。
それは動作の高速化です。Vistaが普通程度に動く
パソコンであれば、目に見えて動作が早くなります。
ちなみにProの違いはセキュリティとネットワーク関係が
強化されてます。詳しくは専門のサイトでも見てください。

つまり、WindowsXPからこれにするなら
パソコンごと買い替えたほうがマシ

なら通常版買えば解決!とるわけですが
残念、まだソフト単品は発売されておりません・・・
DSP版買うならパソコンごと買い替えますよ・・・


Windows8 アップグレード版

Microsoft Windows 8 (XP・Vista・7からのアップグレード用)
Microsoft Windows 8
(XP・Vista・7からのアップグレード用)

8へのアップグレード
をしたい場合はこちら。




Microsoft Windows 8 Pro (XP・Vista・7からのアップグレード用:型番情報:FQC-06827)
Microsoft Windows 8 Pro
(XP・Vista・7からのアップグレード用)

8のPro版へのアップグレード
をしたい場合はこちら。

posted by 2014さん at 13:45| Comment(0) | OS関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

2014年問題 究極の対処法

あまりにも究極すぎて笑っちゃうレベル
ただ、絶対人には勧めないでください。
人には見せられないような内容なので
今回は追記にしときます。


続きを読む
posted by 2014さん at 14:15| Comment(0) | OS関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

Windows7の紹介

WindowsXPのサポートが終了し、今後新たな脅威が生まれても
セキュリティホールなどがそのままになってしまうのが問題なので
根本的な問題解決としては、OSの入れ替えが一番となります。

セキュリティホールが改善されないとどういった問題がおきるか
簡単に言うと、悪意ある第三者から見てパソコンが見放題という事が
おきる可能性がでてきます。

大事なパスワード情報、登録してあるクレジットカードの情報
そんな大切な情報を守るためにも、対策は重要となります。

でも、OSかえると使いにくく・・・という現実もあるので
今回はWindowsXPに近いWindows7の紹介となります。

OSを変更するとき、困るのは32bit?64bit?という所と
アップグレード?通常パッケージ?の2点が主だった所なので
その説明も合わせておこないます。



bitとはなんぞや
Windows7にはディスクが2枚入っており、それぞれ32bitと
64bitのインストールディスクとなっています。
でも実際、32とか64と言われても"何が違うんだ?"という方が
多いかと思われます。

32bitとは個人用パソコンで主流だった規格で、64bitは
法人向け、要するに企業が使う高性能パソコン用の規格です。
近年のパソコン高性能化に伴い、32bitでは性能が発揮しきれない
という事が増え、個人向けパソコンでも64bitが普及し始め、
その結果Windows7では選択できるようになっています。



32bit、64bit それぞれの利点と欠点
規格が違えば、当然利点と欠点もあります。
32bitの利点は個人用規格、つまり一般のお客様向けなので
どんなソフトウェアにも対応ができます。
欠点はメモリの認識上限が低いこと。32bitだと3GBまでしか
認識できません。なのでメモリ3GB以上のパソコンに入れても
認識ができないので、3GBまでの性能しか発揮できません。

64bitだと大容量メモリをフルに活用できるようになるので
パソコンをより高性能な状態として使うことができます。
欠点は昔のソフトウェアは32bit規格なので
32bitソフトウェアに対応できない事が欠点となります。
ただ、近年の64bit規格普及に伴い、徐々にですが
改善傾向にあります。




アップグレード?パケージ?
OSを買うときに、どっち買えばいいの?と困ると思います。
アップグレードとはWindowsXPからWindows7へ変更する場合に
安く変更できます。ただ基礎となるXPがないといけません。

ここで問題になるのは、大多数のXPは買った時に入っている
プリインストール版だという事です。
プリインストール版は他のパソコンでは使えないので、
古いパソコンでこの先長く使わない、使えないという
パソコンに入れると後々つかえなくなります。
だって、そんなときに買い替えるパソコンはXPじゃないですから…

通常版パッケージの場合は、XP以前のアップグレードが
できないパソコンなどに入れる場合に使います。
高いという欠点はありますが、1台までであれば自由に入れ替えが
できるというのが最大の利点です。この1台までというのは
稼働しているパソコンが1台という意味で、
以前つかっているパソコンが壊れて、次のパソコンに入れる
という事ができるのが利点です。サポート終了まで使えるので
高いだけの利点はあるといえます。




Windows7 アップグレード版

Microsoft Windows 7 Home Premium アップグレード版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Home Premium
アップグレード版 Service Pack 1 適用済み

今現在お使いのWindowsXPをWindows7へ
アップグレードする場合はこちらのソフトとなります。




Microsoft Windows 7 Professional アップグレード版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Professional
アップグレード版 Service Pack 1 適用済み

Professional版へアップグレード
したい場合はこちらのソフトとなります。




Microsoft Windows 7 Ultimateアップグレード版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Ultimate
アップグレード版 Service Pack 1 適用済み

Windows7の全機能を使いたいという方は
Ultimate版へアップグレードがオススメです。





Windows7 通常版

Microsoft Windows 7 Home Premium 通常版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Home Premium
通常版 Service Pack 1 適用済み

XPやVista以外からだとアップグレードできないので
完全に入れ替えとなります。その場合はこちらとなります。




Microsoft Windows 7 Professional 通常版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Professional
通常版 Service Pack 1 適用済み

Professionalは簡単に言えばビジネスモデルです
Homeじゃ心配・・・という方はProfessionalにするといいかも。




Microsoft Windows 7 Ultimate 通常版 Service Pack 1 適用済み
Microsoft Windows 7 Ultimate
通常版 Service Pack 1 適用済み

簡単に言うとWindows7全部乗せ
完璧を求めるならUltimateです。

posted by 2014さん at 23:53| Comment(0) | OS関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。